どのような施術を受けたいのか、悩みと目的を明らかにして病院を受診すること

サイトメニュー

相場などの基礎情報

エステティシャン

相場とメリットについて

鼻を高くしたり形を整えたい場合は、美容外科クリニックなどで整形手術を受けるという方法がありますが、気になるのは費用がいくらぐらいかかるのかということでしょう。そもそも鼻などの見た目を良くするための整形手術の場合は、保険が適用されない自由診療になるため、費用が高額になる傾向があります。しかし施術の種類には、簡易的な「切らない施術」と、メスを使う本格的な「切る施術」の主に2種類あり、切らない施術のほうが安くなるのが特徴です。本格的な「切る施術」の場合は、プロテーゼ挿入が10万円〜60万円程度で、自家組織の移植を行うものは20万円〜50万円程度が費用相場ですし、さらに100万円程度かかるケースもあります。しかし簡易的な「切らない施術」の場合は、ヒアルロン酸注射が3万円〜10万円程度で、溶ける糸を挿入するという施術だと5万円〜12万円程度と比較的安く済ませることができます。また、クリニックによってはローンを組むことができるところもあるため、一括払いが難しい場合はローンの利用も検討してみるとよいでしょう。

鼻の整形手術には簡易的なものと本格的なものがありますが、最近注目されているのは、「プチ整形」とも呼ばれている簡易的な方法です。鼻のプチ整形としてはヒアルロン酸注射や溶ける糸の挿入などがあり、先ほども紹介したように、費用が安く済むというメリットがあります。しかしそれ以外にも、メスを使わないので体への負担が少なく心理的なハードルも低くなるというメリットもあるのです。そのためプチ整形は、費用が安いということも合わせて、特に初心者に注目されている施術方法だと言えるでしょう。それにこれらの簡易的な方法は、効果の持続期間は半年〜1年程度に限られているので、仕上がりに満足できなかった場合でも、時間が経てば元に戻すことができます。ですので、とりあえず試しにやってみたいという場合にも、簡易的な方法は向いていると言えるでしょう。もちろん本格的な方法であるプロテーゼ挿入や自家組織の移植も、効果が半永久的に続くという大きなメリットがあります。そのため、まずはプチ整形を試してみて、それに満足できないという場合に本格的な方法にチャレンジするのもよいと言えます。